fc2ブログ

Welcome to my blog

普通の学校って?

KOKO

KOKO

新学期が始まり学校生活を楽しんでいる子供達だが
親達は皆やはりドキドキ

先日、元クラスメイトのママと話す機会があった。
娘さんは自閉症を持つのだが、とても頭が良いし記憶力も抜群。
しかし人とのコミュニケーションが難しく、低学年の頃はかなり苦労していた。

でも専門家とのクラスを通して少しずつ人前でも話せる様になり
去年のX'mas コンサートでは演者として参加。

他人の子供なのにその姿を見て泣いてしまった私

その娘さんもミドルスクールへ通い始め、お母さんの方が緊張していた。

カナダでは各クラスに最低1名は障害を持つ生徒を入れることになってるらしい。
だから基本的に「ろう学校」はない。

以前スクールカウンセラーさんが
「小さい頃から現実社会を体験できるのが学校なんです。」
と言ってたのを思い出した。

確かに自閉症でも、ダウン症でも、知的障碍児でも、
糖尿病でも、重度のアレルギー体質でも、
義足や車いすを使用する生徒でも、

国の出身地が違っても、

キリスト教徒でも、カトリック教徒でも、
イスラム教徒でも、ユダヤ教徒でも、
仏教徒でも、ベジタリアンでも、

両親が国際結婚していても、
両親が離婚していても、
両親が同性婚でも、
祖父母と一緒に暮らしていても、
フォスターファミリーと暮らしていても関係ない。

人はそれぞれ違うのが当たり前であり、
普通の定理も人それぞれ異なります。

私にとってのカナダ生活は「違う」が「普通」と感じる毎日

他の子と同じ服装や行動しないといじめられると心配していた
娘ちゃんだったが、実際にミドルスクールへ行き始めたら
個性を持つ方が気が楽で友達もできやすいと気が付いた様子

マイペースで自分らしさをアピールできるといいね

IMG_20170609_121852.jpg


ランキングに参加しています!
1日1回のクリックお願いします



カナダランキング
スポンサーサイト



最終更新日2019-09-10
Posted by KOKO

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply